ファクタリングサポート

売掛金の回収は企業の大きな課題のひとつですが、これを解決する手段として、現在大きく注目されているのが「ファクタリング」です。

ファクタリングは、未回収の売掛金に関するリスクを軽減したり、売掛債権を譲渡して現金を調達したりできる、売掛債権を譲渡して現金を調達できるサービスです。相応の売掛金のあるお客様にとって、不測の資金不足、緊急な事業資金の調達に威力を発揮する企業にとって頼もしいサービスの一つと言えます。
ファクタリングの中でも買い取りファクタリングは、企業が売掛金を早期に現金化したい場合に使われるファクタリングです。売掛債務をファクタリング会社に売却し、手数料を差し引かれた金額が受け取れます。感覚的には手形の割引に近いものとお考えください。
日本政策金融公庫、銀行、信用金庫、ノンバンク等、他の金融機関の事業資金融資とは異なり、状況によって担保の提供や、第三者の保証人が必要となることもなく、何よりも売掛先の会社の経営の信頼性が審査対象の中心となるため、自社の決算状況があまり良くない会社でも審査に通りやすいというメリットもあります。また、お申し込みから資金の調達までの期間がきわめて短いことも特筆されます。その一方で、手数料の負担は2社間ファクタリングにおいては特に大きいので、ノンバンク以上に計画的にご利用することが重要となります。

当事務所では優良なファクタリング会社と提携しておりますので、迅速なご相談、サポートが可能です。

ファクタリングのメリットについて

(1)即日現金化できる場合があります
ファクタリングの最大のメリットと言えば、最短1日で売掛債権を現金化できるという点にあります。「日本政策金融公庫」や銀行等の「制度融資」だと1ヶ月以上審査に時間がかかります。
(2)柔軟な独自の審査基準があります
ファクタリングは債権の買い取りなので、融資と比べて審査がかなり通りやすくなっています。ファクタリングの審査では、「実在する売掛金か?」「恒常的に発生しているものか?」「期日が長過ぎたりしないか?」などといった点を審査します。また、審査対象は売掛先企業となり、売掛先企業の信用を調査します。 また、融資を受ける時は、保証人や担保が必要になる場合がありますが、ファクタリングは売掛債権の売買になるため、保証人や担保も必要ありません。
(3)売掛先が倒産しても返金する義務がありません
万が一、売掛先が倒産したとして未払いが発生したとしても、ファクタリングを利用した会社には返金の義務は生じないこととなっております。ファクタリングは遡って請求できる償還請求権はない(ノンリコースと言います)というメリットがあります。
(4)決算書や信用情報に影響いたしません
融資やビジネスローンを利用すると、会計上、負債が増えます。ファクタリングは売掛金が解消されるだけなので、負債には影響しません。決算書において負債が増えないということは、これ以後の融資の審査にも影響を与えませんし、信用情報にも記録が載らないため、信用力にも影響しません。
(5)第三者に知られないファクタリングもあります
ファクタリングには3社間取引と、2社間取引があります。3社間取引では売掛先の承諾を得ることが必要なため、売掛先にファクタリングを利用したことが知られてしまいます。 しかし一方、2社間取引では売掛先の承諾が必要ないので、売掛先にも第三者にも知られず、事業資金の資金調達をすることが可能です。

ファクタリングのデメリットについて

(1)高額な手数料が発生します
ファクタリングを利用する際には、手数料が発生します。手数料の相場は、以下の通りです。
2社間ファクタリング 売掛金額の15〜30%程度
3社間ファクタリング 売掛金額の3〜10%程度
売掛先に知られない2社間ファクタリングのほうが手数料は非常に高くなりますが、売掛先への信用問題があるので、2社間を利用する会社様が圧倒的に多くなっています。
(2)掛け目という概念が発生します
ファクタリング会社は、売掛債権をそのままの金額で購入するわけでありません。掛け目によって減額された金額が現金化されますが、一般的には売掛債権が回収できた段階で返還されます。 掛け目の相場は、65〜90%ほどになっています。回収リスクが大きければ掛け目が小さく、回収リスクが小さければ掛け目は大きくなります。
(3)債権の譲渡登記が行われることがあります
ファクタリングは売掛債権を売却して資金化する手法であり、債権の譲渡が行われています。この事実を法務局に申請して登記を行うことを「債権譲渡登記」といいます。債権の譲渡登記を行うことによって、譲渡の事実を誰もが知ることができるようになります。この場合には金融機関の融資の審査に影響が出てしまうなど、会社の信用にもマイナスに働くことがありますし、登記には少なからず費用もかかります。

このようにファクタリングはメリットが大きい一方で、デメリットもあるということを充分に認識した上で、他の資金調達方法と比較検討して、計画的にご利用されることが肝要です。

当事務所では、安心・安全なファクタリング会社を利用し、お客様に寄り添いながら親身に、そして的確な資金調達を行うサポートを行っております。
ページトップへ

創業融資・事業資金融資を専門の行政書士がサポート。法律手続きの専門家、国家資格者(行政書士等)が運営する事業資金融資サポートだからこそ安心です。融資成功率90%超!お客様のリスク0%!成功報酬制で安心。他行で断られた方も、緊急融資希望の方もOK。横浜・神奈川・東京での資金調達ならお任せ。ご依頼は全国から受付。

無料相談お申し込みフォーム