建設業許可申請のお問い合わせはお電話、メールにて

建設業許可取得のメリット

  1. 規模の大きい工事を請け負うことが可能になります。
    税込500万円以上(建築一式工事は1,500万円以上)の金額の請負工事は、建設業法の規定により建設業許可を受けなければなりません。したがって許可を取れば、無許可業者との差別化が図れ、大きな金額の工事を請け負うことが出来るようになります。
  2. 社会的信用が高まります。
    許可を受けるためには、下記のような「建設業許可取得のための要件」をクリアしなければなりません。(詳しくは「建設業許可取得のための要件」をお読みください)
    1. 経営業務の管理責任者としての経験を有する者を有していること。
    2. 営業所ごとに技術者を専任で配置していること。
    3. 請負契約に関して不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかでない者であること、過去において一定の法令の規定等に違反した者でないこと。

    上記要件を「全てクリア」してはじめて許可が与えられます。したがって許可業者は対外的に健全な会社である事をアピールでき、仕事も受注しやすくなります。また社会的信用が高まることで、金融機関の融資等も受けやすくなります。

 
お問い合わせ
pagetop